中国のお茶

中国のお茶

中国はお茶の発祥地ともいわれ、地域や季節によってさまざまなお茶文化を育まれ、数百種類ともいわれるお茶が存在しています。その分類も、茶葉の色や形、香りなどで分ける方法など、多種多様です。一般的には、発酵度によって基本的に6つに分類されます。今回は色の薄い物と思われるものから順にご紹介します。

 1.白茶(弱発酵茶)

茶葉が芽吹いて白毛の取れないうちに採取し、発酵度が非常に浅い段階で自然乾燥させたお茶です。福建省で多く生産されます。

 2.黄茶(弱後発酵茶)

荒茶製造工程中に軽度の発酵を行ったお茶です。

 3.緑茶(不発酵茶)

生産量・消費ともにもっとも多いお茶です。概ね釜炒りでつくられ、茶葉は緑色をしています。

 4.青茶(半発酵茶)

発酵部分の褐色と不発酵部分の緑色が混じり合って、見た目が青っぽく見えることからこう呼ばれています。大陸産と台湾産があります。烏龍茶がこのカテゴリに当たります。

 5.紅茶(発酵茶)

イギリスの紅茶文化を受け、中国で独自に発展したお茶です。代表的な「祁門(キームン)」は世界三大紅茶のひとつ。緑茶に次いで2番目に多い生産量です。

 6.黒茶(後発酵茶)

プーアール茶がこの仲間です。完成した茶葉に微生物を植え付け、発酵させたお茶です。長期保存ができる特徴があり、年代物には高い価値が付けられ、ヴィンテージワインのように楽しまれています。